腎臓病が悪くなったら食事療法とクレアギニンEXが良いらしい

体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負担を与えてしまいます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。この場合 飲み水だけではなく、食品に含まれる水分量も含めます。浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば塩分の制限のみ行う事となります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量を元に医師が決定します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自身のみの判断で制限を行うのは宜しくありません。腎臓病の人のために低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓機能が落ち込む程に、より厳正に食事を調整する必要が出てきます。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、クレアギニンEXが加わります。自分で勝手に食事内容を決めずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。食事で摂取したたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓に流れて分離された末、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に悪影響を出します。腎機能を保つためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適切な量は摂取する必要があります。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く含まれています。お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、たんぱく質の過剰摂取になります。例えば、ショートケーキひとつには卵1個相当のたんぱく質が含まれている訳です。腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので正常な血流が行われず、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に居座りつづけるようになります。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を体内に供給し続ける事が求められます。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と一緒に体外へ出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉量が少なくなれば、クレアチニンの量も減少します。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニン量が飛躍するので、クレアチニン値が低くなります。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、その種類や調理するときの形状・水量・所要時間により相違します。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、搾るようにすると、より多く除去できます。腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられたりするのです。食事療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法と言うのは、患者が自主的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、健康状態の維持になります。透析の要らない保存期のうちは、食事療法を元に腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析を要する時期を極力遅くできます。更に言えば、透析開始後も、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は非常に重要な治療法です。
お世話になってるサイト⇒腎臓病 クレアギニンEX