低たんぱくで高カロリーの腎臓病食を毎日作る!

フライや炒め物は水分が蒸発して少なくなるが、煮物は水分が多くなる。透析後から次回の透析まで、体重増加を何キロまでなら可能なのかを把握し、食事由来の水分を考慮した上で、1日飲料(お茶など)を何mLまで飲めるのかを決めておく。毎日体重を計り、水分をとりすぎていないかチェックする。甘いものには意外に多量のたんぱく質が入っています。オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例を挙げれば、ショートケーキ一つでも卵1個程のたんぱく質が含まれているワケです。慢性腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷をうけるので正常な血流が行なわれず、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に増えてきます。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムの増加で高血圧を併発する可能性が上がります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法・食事制限の元一定量を常にキープする事が入り用なのです。慢性腎臓病でも食事療法・食事制限が適切であれば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。だいぶ効果が出た場合には、慢性腎臓病が進行しなくなっ立と言ってもいい程遅らせられるようになります。食事療法・食事制限は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。食事療法・食事制限は、患者が自ら意欲的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質をもとにつくられる老廃物であり、腎臓でろ過されたアト尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。その為に、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉の量が低下すれば、クレアチニン量もその分落ちていきます。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニン量が飛躍するので、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。塩分の高いものを食べると水分がとりたくなるので、減塩食をこころがける。食事に入っている水分は1日約1000mL と考えられる。水分の多い嗜好品(ゼリー、ソフトクリームなど)や、野菜・果物(キュウリ、スイカ、ミカンなど)を食べ過ぎないように気をつける。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分以外に水分の病理制限も付随してきます。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品中に含まれるすべての水分が該当します。浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば塩分の病理制限のみおこなう事となります。こうした際の水分量の病理制限は病気(先天的なものも少なくないでしょう)の進行状況や尿量から医師が特定します。脱水になるとかえって腎臓の機能低下につながるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。食事によって獲得したたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に流れて分離された末、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に持たらす負担が増加します。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る重要があるでしょう。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素(不足しがちな時は、サプリメントを利用するのも一つの方法です)であるため、適切な量は摂取する重要があるでしょう。腎臓病の食事療法・食事制限の目的は、なるべく慢性腎臓病を症状進行させない事と、現在の健康状態のキープです。人工透析が重要無い保存期の間は、食事療法・食事制限をもとに腎不全の急激な症状進行を食い止められ、人工透析を初める時期を遅くしていけます。また、人工透析導入後も、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法・食事制限は必須なのです。人体におけるいわゆる3大栄養素(不足しがちな時は、サプリメントを利用するのも一つの方法です)が糖質・たんぱく質・脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)になります。糖質と脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質の場合分離されれば約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで多少なりに腎臓に負荷が生じます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が重要とされ、一日分で現すと30~40g程になります。腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しい食事病理制限がおこないやすくなります。腎臓機能が落ち込む程に、今以上に考えて食事を管理する重要があるでしょう。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー病理制限ももとめられます。食事内容は自己流で判断せずに、専門の知識を有する管理栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、その種類や調理するときの形状・水の量・処理時間によっても異なります。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きちんと搾る事で効果は高まります。
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒腎臓病食宅配ランキング